« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »

2007年7月15日 - 2007年7月21日

2007年7月20日 (金)

お買い物②:昭和の鉄道模型をつくる創刊号 開封しますよ~

お買い物 その2 「昭和の鉄道模型をつくる」という模型付き週刊誌の創刊号

最近、このテのコレクションっぽいの流行っていますよね。私は資金が無くてヒーヒー言っている身なので、今まで全く手を出しませんでしたが、今回は鉄道ネタでチョット興味があったので買ってしまいました。気が付かなきゃいいのに、鉄道雑誌を見に行ったら良い所に置いてあるんだな~、これが。

今まであまりおチャラケネタは掲載しないのですが、今回は同誌を買っていない方のために見せちゃいます。

Photo_3 まずは箱です。というか本の外観です。こんな分厚いのを50冊も買ったらこの上なく邪魔ですね。1個でも十分邪魔になります。

Photo_4 扉を開けてみたところ。(列車だと「開扉」といいます。←別に関係ないですけど。)
箱のほうに模型が入っています。といっても鉄コレですな。

Photo_5 箱の中から出してみると、さらに箱。専用の窓付きケース。鉄コレ通常バージョンでは考えられない構造。(当たり前です。ブラインド販売なんだから。)収集マニアだとこの箱にプレミアが・・・。

1031 入り方は従来の鉄コレと同じですが、ブリスタ(車体を保護している透明のプラスティック)に凸凹がついて、パカッと外れないように工夫がしてあります。今後発売の鉄コレもこのようになるのでしょうか。線路が不要についているのも鉄コレと一緒です。

1031_2 そして最後に車体のアップです。車輌はトミーお得意のモ「1031」。フリーランスです。どう見ても鉄コレ第1弾の再販ですね。しかし、車体が茶色塗装にしてありますので、初の製品となります。鉄コレと違って車体Noが入っていませんでした。したがって、プレミア性はチョットどうかな?という感じです。第1弾の車輌を持っていれば、茶色に塗ってOKですから。ちなみに、相変わらず車体の塗装にホコリの巻き込みやキズがあるのは、トミーテック(某国製)ならではといったところです。(少しは良くなったような気がしますが。)

以上、開封作業を実況中継でお送りいたしました。(←ウソ)

| | コメント (0)

今日のお買い物①:ポケモンスタンプラリー時刻表

今日、帰宅の途中に珍しくお買い物をしてきました。

その1 ポケモンスタンプラリー時刻表

2007_2
告知のとおり、本日発売になっていました。去年もこの時刻表を買ったのですが、その成りとは裏腹に侮れない道具です。とにかく、山手線、京浜東北線まで、1本づつ、各駅の時刻が全部載っています。計画設計や現地でトラブッった時に非常に役に立ちます。
ということで、ポケモンスタンプラリープランナーのパパとしては、また忙しい夏休み期間になるのです。

ちなみに・・・去年も一昨年も制覇して記念品をもらいました。今年も頑張らざる得ないのでしょう。

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

営団地下鉄「千代田線」連絡乗車券(その1)

今朝ほど「千代田線」の写真をアップしたついでと言っては何ですが、日本一奇怪な乗入れ路線である「千代田線」西日暮里駅接続(乗換)の乗車券をご紹介したいと思います。

Photo_2昭和51年頃の乗車券3枚です。常磐緩行線にそのまま乗車し、地下鉄区間に入ってから「西日暮里」で国鉄線に乗り換えます。この場合、発駅~北千住と西日暮里~着駅までの距離を通算した運賃に、営団地下鉄の北千住~西日暮里(初乗り)運賃を加算した合計が発売額となります。

ちなみに、綾瀬~北千住間を単独又は北千住以遠の都心方面へ乗車するときは、綾瀬~北千住間が営団地下鉄線(現東京メトロ)となりますので、綾瀬~西日暮里乗換えで国鉄線を利用する場合は、単なる連絡乗車券となり、特殊な運賃計算は発生いたしません。このケースの乗車券を私は持っていませんので、大変興味のあるところです。

そして、いつものようにあら捜しをしてみたのですが・・・。ありませんでした。強いてあげるとすれば、一番上の乗車券だけ、大人・小人の金額が併記(運賃変更印で見づらいのですが)されており、中下の乗車券は小人兼用でありながら金額表示がされていません。

これらの乗車券は、日常的に利用者も多いことから、結構な数が市場に出回っており、希少価値的なものは求められません。まあ、「こんな硬券があった」程度のものなのでしょう。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

さようなら筑波鉄道記念乗車券

筑波鉄道の廃止に伴い、こんな記念乗車券が売っていました。
買ったことすら忘れていたのですが、この間乗車券類を整理していたら出てきたのでご紹介いたします。

<表>
Photo_26

<裏>
Photo_27

サイズはB5判で、なんとジグソーパズルになっています。バラして組み立てて遊ぶほどの代物ではありませんが、発想としてはなかなか面白いと思います。
乗車券が額面800円分になっていますので、多分800円で買ったものだと思います。(何せ、前回アップした入場券と合わせて買った記憶すらないのですから・・・。)

切符は全て乗車券で、実際に使用するにはどうするか。まぁ、使わないで記念にとっておくものでしょうね。有効期限が廃止日までになっており、買った日付も印字してありません。ビニール袋に綺麗に入っていますので、この袋から出さないことも原則のような発売方法ですね。

裏面には、鉄道の歴史、各駅の説明がありますので、資料としても残しておく価値があると思います。


| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

「はくたか」:特急券・立席特急券

こんばんわ。
今日は「はくたか」の写真に関連して、同列車の特急券をご紹介したいと思います。

私のコレクションの中で、「はくたか」は少々古いものしかなく、バリエーション的には面白みがありません。

Photo_25
一番上は、立席特急券です。制度改正後ですので、区間表記は矢印になっています。矢印の表記は▲の横向きが一般的なのですが、同券のような「→」も若干見ることができます。この頃は「L特急」という制度があり、特急でも自由席が設けられておりましたが、まだ特急は原則「全車指定席」の時代でしたので、自由席のない長距離特急では「立席特急券」の需要もあったようです。

真ん中は、臨時「はくたか51号」の指定席券です。制度改正前ですので、乗車駅、下車駅式の表記です。糸魚川発車時間が23:26発になっていますので、夜行の臨時特急だったようです。私も時刻表をよく見ていましたが、このような臨時夜行列車は記憶にありません。

一番下も、一般的な指定席特急券です。磐越西線「五泉駅」の発行で長岡からの乗車。「とき」の補完列車としての役割も持っていたのですね。

「はくたか」に関しては、D型常備券を所持していないのが惜しいところです。北陸地方ではA型の特急券が一般的なので、収集されている方はA券をお持ちの方のほうが多いかもしれません。

| | コメント (0)

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »