« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »

2007年3月11日 - 2007年3月17日

2007年3月17日 (土)

JR東日本の頒布品

皆さんこんばんわ。

今日はあまり面白くないネタかもしれませんが、シャレでアップしてみます。

3月15日に出勤で駅の改札を通りがかったとき、駅員さんが何かを配っていましした。どうやら絵柄からSuicaらしいのと、記念品のようなものが入っているのが見えたので、すかさずもらっておきました。大きさからして、Suicaを入れるケースかな、と思っていたのですが。

070315_3 そして、昨日開封してみて、チョット意外でしたので撮影しておいた次第でです。

謎の箱は、パンフレットと一緒にビニール袋に同封されていました。


070315_4 右下が謎の箱。左上はSuicaの大きさ比較用のサンプル。「非売品」の表示がコレクターの心をくすぐる?


070315_5 謎の箱はガムでした。ウォータルゥゥイングキスミント♪♪

この箱は、見方によってはレアですね。この様な広告付きのガムは珍しいのではないでしょうか?JR東日本の目の付け所に感心しますた。

| | コメント (2)

2007年3月12日 (月)

東武鉄道熊谷線 営業廃止記念乗車券

皆さんこんばんわ。

昨日、東武熊谷線の写真をアップいたしましたが、今日はそのとき購入した切符等をアップしたいと思います。
Photo_2

左側が最初に訪れたときに購入したもの。右側が最終日に購入したものです。
基本的にどちらも当時の東武鉄道各駅で取り扱っていたものと同じだと思いますが、入場券の「客車内に立入ることはできません」の文字に若干違いがみられます。
また、熊谷発の乗車券は「○秩」の文字があり、秩父鉄道が委託されて乗車券を発売していることを誇示しているように感じます。


Photo_3
これは車内補充券。様式は国鉄と同形態で、東武線の他の線と兼用されていることが判ります。右下のほうに単独で「熊谷~妻沼」の路線が示されています。西小泉と限りなく近い位置に熊谷線を置いてあるのは、素人目にも意図的な感じがして面白いと思います。
また、乗り入れしている地下鉄線まで表示しているのが興味をそそります。

Photo_4

これは、熊谷線最終日に売り出された記念乗車券です。なかなか綺麗な化粧袋に入っており、「さよなら」なのにさわやかな印象であります。

Photo_7

Photo_8

これは乗車券類ではありませんが、やはり最終日に売り出されたメダルの2枚セットです。桐の箱に入っており、結構高価な感じのするものですが、確か1000円くらいのリーズナブルな価格だったような。
まだ鉄道ではプリペイドカードが世に出ていない頃で、「記念」と言えば記念切符だった時代ですが、このような「記念品」的なものは大変珍しかったのではないでしょうか?
また、当時はキハ2000型のみの配置でしたが、記念切符も然り、SLの時代をかなり強調しているところも、会社のこだわりを感じさせます。

| | コメント (2)

« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »