« 東急車輛・電車市場オリジナル「東急バスセット」到着 | トップページ | ふじ・せと・いずも 特急券 どーして「ひらがな」なの? »

2007年11月 3日 (土)

「さくら」:特急券・B寝台券

2ヶ月ぶりになるそうですが、「さくら」ネタが終了したので、コレクションの特急券をご覧いただきたいと思います。

まずは準常備券3枚です。

Photo_39 上から2枚は、国鉄末期に九州全般に使われていたと思われる様式です。特徴は金額の裁断部分が面積の半分を占領しているため、肝心の券面が狭く窮屈になってしまっていることです。特に名称の記入欄が非常に狭いため2文字が精一杯で、1枚目にご覧いただけるとおり、本来の場所ではないところにゴム印が押されています。

3枚目は昭和50年代初期のもので、記載事項が多いにも拘わらず、大変見易くスッキリしています。
それにしても、たった10年の間における物価差というか、値上がりスゴイですね。

Photo_40こちらは上画像の裏面になります。スキャニングの加工を誤って券の長さが矛盾しておりますが、順番はそのままです。
昔の券は、B寝台券に関係なく、このような注意事項が裏面一杯に書いてありました。
上の2枚は表面が一杯なので、発行駅は裏面に印刷されています。
一番上の「江迎駅」は、現在の松浦鉄道「江迎鹿町駅」の国鉄時代の駅名です。

Photo_41 こちらは常備券で、発行箇所は「交通公社飯塚」となっています。発行箇所は裏面印刷となりますが、小児断片に表示されているので、表からでも判別が可能です。
特徴のある様式ではありませんが、当時寝台特急の需要の多い九州北部地域では、あまり完全常備式の特急券はお目に掛れません。あったとしても地域限定的な立席特急券くらいでしょうか。

この券が発行された当時はまだ客車3段式です。既に2段式の25形も登場しており、同じ乗車距離でも料金が違ってきますが、この時代の券にはこれらを示す表記類がありません。

|

« 東急車輛・電車市場オリジナル「東急バスセット」到着 | トップページ | ふじ・せと・いずも 特急券 どーして「ひらがな」なの? »

切符(指定券関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東急車輛・電車市場オリジナル「東急バスセット」到着 | トップページ | ふじ・せと・いずも 特急券 どーして「ひらがな」なの? »