« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月20日 (火)

急行「銀河」:A寝台券・B寝台券(マルス券)

もう既に騒がれておりますが、来春のダイヤ改正で、ブルトレがまた大打撃を受けるようです。
それぞれの列車に思い入れはありますが、特に急行「銀河」というのは、私の鉄人生でも初めて乗った寝台車として忘れることはできません。

今日は早く帰ってきて時間もありましたので、スクラップブックから探し出してスキャンしてみました。

Photo_51 昭和49年、初めて大阪に写真を撮りに行った帰りに乗った「銀河」のB寝台券。
本当は特急「瀬戸」に乗りたかったのですが、生憎満席。唯一取れたのがこの「銀河2号」でした。もちろん、10系寝台の3段式です。
当時、「銀河」は2往復体制で、上り下り1号は名古屋まで急行「紀伊」を併結した全車寝台の列車。その後、特急「いなば」「紀伊」→「出雲3・2号」→「サンライズ出雲」と発展していった列車のルーツです。
一方、上り下り「銀河2号」は、併結を伴わない単独編成で、座席指定車(特急形のスハ44系)を2両連結した列車。各地の寝台急行が特急列車に格上げされる中、現在まで運転されている寝台急行「銀河」のルーツです。

小学校5年生のときでしたのでまだ切符の価値は解かっていない頃ですが、今から考えればマルスじゃなくて硬券だったらよかったのに、と。
スクラップブックに貼ったり剥がしたりと悲惨な状態ですが、紛失せずに残っていました。

Photo_52こちらはまだそんなには前ではありませんが、義理の従姉妹の結婚式のため、奈良に行くときに乗りました。子供もまだ小さかったので、奮発してA寝台に乗りました。子供は上に行ったり下に行ったり大はしゃぎでした。
しかし・・・喫煙席の隣のボックスだったので、夜遅くなっても大きな声で会話をしているヤツに頭にきて怒鳴りました。お陰で睡眠不足。帰りは「のぞみ」のグリーン車とこれまた奮発したのですが、固定式のアームレストが邪魔で子供を座らせることができず、おまけにどこぞの外国人が東京駅に着くまで喋りっ放し。そこら中から「うるせぇ」の意味を込めた舌打ちが連発するも、外国人には日本語の舌打ちは理解できなかったようです。
やはり、身分相応の車両に乗らないとダメなんだな、と痛感する旅でした。


話は脱線しましたが、たまたま私が乗車したときは、夜行列車の全盛で寝台券も入手困難な時代でしたし、2回目にA寝台に乗ったときも空いていたのは1席だけと、とても乗車率が悪いとは思えませんでした。でも、廃止されてしまうということは、乗車率は確実に悪くなってきた、普段はあまり良くなかった、ということなんでしょうね。
残り少ない時間、急行「銀河」には精一杯の夢を乗せて、頑張って走ってもらいたいものです。

| | コメント (0)

2007年11月18日 (日)

バスコレオリジナル 鶴見臨港バス 限定品 GET!

今日は、バスオタの皆さんはご存知の、鶴見臨港バスのバスコレ限定品の発売日です。

昨夜の寝不足が祟って、家を出たのは6時50分くらいになってしまい、予定時刻より20分ほど遅い、8時15分頃現地に到着しました。

既にGETして帰路に着く人もいましたが、まばらだったので大して混んでいないのかな・・・。
と思いきや、何ですかこの行列は?どう見ても7~800人くらい並んでいるじゃないですか。先頭のほうで買った人は、既に2ループ目に入っているし・・・。こりゃやばいと思ったんですがどうしようもない。並ぶしかないし・・・。

列の進みは、人数の割には意外に早かったですが、それでも自分の番が来たのは、並んでからほぼ1時間後でした。でも、とりあえず最低限の3個GET!まだ在庫がありそうなので、2順目に並びました。
最初のときの列よりかなり減ってきてはいるものの、まだかなり遠い。
そしてついに「死の宣告」が・・・ 「この方より後の方は購入の保障はできません。ご了承の上お並びください!」
「この方」というのは、私より約20人くらい前の人。でも、皆がみんな3個づつ買わないかもしれないという期待をもって並び続けました。
途中で少し待たされましたが、なんとか無事に購入することができました。私よりも後の人が結構買えていたので、まだ余裕はあったようです。

とりあえず寝坊したものの無理に行った甲斐がありました。

071118 1セット1,200円のただのおもちゃで、趣味じゃない人からすれば「こんなもの買うのに手間暇かけて馬鹿みたい」と思うのでしょうね。
でもこれは欲しいんですぅ。最近他の地方モノはパスしていますが、今回の鶴見臨港は、全く愛着の無い会社でありながらも、大好きな日野ブルーリボンといすゞキュービックだから、絶対に欲しかったのっ!

ということで、まだレギュラー品の発売が先であるいすゞキュービックが手に入ったことも嬉しいですし・・・。後は明日からどうやって切り抜けて行くか・・・それが最大の問題です。

| | コメント (2)

2007年11月16日 (金)

草津温泉バス乗り継ぎ乗車券:2態

今日は午後から仕事サボってきたので、いつもより数段早く帰ってきました。アクセス数も少ないようなので、久しぶりに平日2発目を行ってみたいと思います。

今日の朝はかなり冷え込みましたね。寒くなってくると温泉にでも入りたくなってくる。あぁ~日本人だなぁ~と思います。
そんなことを思っていたら、かなり前にスキャニングしてあったネタで草津温泉が出てきましたので、2種類ばかりアップしてみようかと・・・。

まず1枚目です。Photo_47

Photo_48「草津温泉乗継スキースケート往復割引乗車券」です。今はあまり需要が無いのでしょうけど、昔はこの手の往復乗車券はかなり用意されていたようです。私は使ったことありませんが。特に変わった様式ではなく、あまり特徴はありませんが、バスを含めた乗り継ぎの往復券は、種類的には多くないかもしれません。
ひとつ気になるとすれば、中央下部の小児断片のところに「草津高原」と書いてありますが、券面の他の表示にはありませんので、何を指して言っているのか謎です。
この切符を手に入れた30年前は、「乗車券なのにD券」というだけで欲しくなってしまったのです。特急券じゃないので、売値も安かったと思います。


次は、片道乗車券です。

Photo_49

Photo_50 こちらは普通に発売されていた「草津温泉バス乗継乗車券」です。
過去にハワイアンセンターからのバス乗り継ぎ乗車券をアップしたことがありますが、ハワイアンの普通乗車券らしい標準的な様式の乗車券と比較して、こちらは本来小児断片のあるべき位置に、乗り継ぎ券だのバス区間だの鉄道区間だのと色々表示してしまい、肝心の小児断片が中央下のやや右にオフセットした部分に表示されています。
このような様式の乗車券は他では見たことがありませんので、草津温泉駅独自に用意されたものではないかと思われます。
しかし、この小児断片、一体どうやって切り取るのでしょうか?硬券ですから、ハサミでは難しいと思うのですがね。

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

ふじ・せと・いずも 特急券 どーして「ひらがな」なの?

どーも、わたくし東京うたかるぅた。

きっぷでアタマがパニクッて、ね~む~るぇ~な~いっ。チャ~ラっ

Photo_44

「せと」特急券・B寝台券 D型金額常備

どーして、漢字で書かなかったの?しかも、寝台なのにどーして「下席」なの?

ね~む~るぇ~な~いっ。チャ~ラっ

Photo_45

「ふじ」 特急券・B寝台券 D型 準常備

どーして、「漢字のゴム印」を作らなかったの?しかも、どーして枠に入らない大きさなの?


ね~む~るぇ~な~いっ。チャ~ラっ

Photo_46

「いずも2号」 特急券・B寝台券 D型 金額常備 Swallow Angel様からいただきました。

どーして、SL急行時代のゴム印を使っているの?しかも、どーして「2号」だけ手書きなの?

ね~む~るぇ~な~いっ。チャ~ラっ

以上、東京うたかるぅたでした・・・

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

「さくら」:特急券・B寝台券

2ヶ月ぶりになるそうですが、「さくら」ネタが終了したので、コレクションの特急券をご覧いただきたいと思います。

まずは準常備券3枚です。

Photo_39 上から2枚は、国鉄末期に九州全般に使われていたと思われる様式です。特徴は金額の裁断部分が面積の半分を占領しているため、肝心の券面が狭く窮屈になってしまっていることです。特に名称の記入欄が非常に狭いため2文字が精一杯で、1枚目にご覧いただけるとおり、本来の場所ではないところにゴム印が押されています。

3枚目は昭和50年代初期のもので、記載事項が多いにも拘わらず、大変見易くスッキリしています。
それにしても、たった10年の間における物価差というか、値上がりスゴイですね。

Photo_40こちらは上画像の裏面になります。スキャニングの加工を誤って券の長さが矛盾しておりますが、順番はそのままです。
昔の券は、B寝台券に関係なく、このような注意事項が裏面一杯に書いてありました。
上の2枚は表面が一杯なので、発行駅は裏面に印刷されています。
一番上の「江迎駅」は、現在の松浦鉄道「江迎鹿町駅」の国鉄時代の駅名です。

Photo_41 こちらは常備券で、発行箇所は「交通公社飯塚」となっています。発行箇所は裏面印刷となりますが、小児断片に表示されているので、表からでも判別が可能です。
特徴のある様式ではありませんが、当時寝台特急の需要の多い九州北部地域では、あまり完全常備式の特急券はお目に掛れません。あったとしても地域限定的な立席特急券くらいでしょうか。

この券が発行された当時はまだ客車3段式です。既に2段式の25形も登場しており、同じ乗車距離でも料金が違ってきますが、この時代の券にはこれらを示す表記類がありません。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »