« 「あけぼの」:特急券、A・B寝台券(その2)  | トップページ | 「はくたか」:特急券・立席特急券 »

2007年7月14日 (土)

「八甲田」:急行券・指定席券・B寝台券

急行「八甲田」の記載に関連しまして、コレクションの中から同列車の切符をご紹介したいと思います。

Photo_24
自由席主体の列車ですので、あまり多く見かけません。

上は、B寝台券の下段常備券です。昭和47年ですと、全区間にB寝台を連結していましたので、上野まで乗車した可能性が高いのですが、残念ながら省略されています。このような省略は昔の指定券に良く見られました。
同券は青森駅の発行で、発駅だけが印刷されており、その他は記入式になっています。当時、青森発の寝台車を連結する急行が、「十和田」5往復、「津軽」2往復、そしてこの「八甲田」と計8往復もあったため、列車名常備までしてしまうと不合理だったのでしょう。

下は、臨時の「八甲田52号」の指定席券です。着駅が省略されているので、上りか下りかすら判断できないのですが、当時の時刻表を調べたところ、上りの「八甲田52号」であることが判明いたしました。

ここで面白いのは、「八甲田52号」は青森7:25発→上野20:06着で夜行列車ではありません。他の臨時「八甲田」は全て夜行の形態となっておりますので、昭和50年代くらいですと「おいらせ」とか名称を変えられていてもおかしくありません。同様の例として、青森5:09発→上野17:10着の「十和田51号」がありました。
この「八甲田52号」の指定席券ですが、地紋が黄色となっています。制度改正後は、通常期が緑地紋、閑散期・繁忙期が黄色地紋と区別されていましたが、その昔から黄色地紋は存在しています。ただ、何をもって使い分けていたのか、謎ですね。
※もしかしたらですが、黄色地紋の特急券を見かけた記憶がないので、一部の駅において特急・急行を区別していた可能性があります。

|

« 「あけぼの」:特急券、A・B寝台券(その2)  | トップページ | 「はくたか」:特急券・立席特急券 »

切符(指定券関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「あけぼの」:特急券、A・B寝台券(その2)  | トップページ | 「はくたか」:特急券・立席特急券 »